日本ケミファ株式会社

企業情報・経営方針

社長メッセージ

日本ケミファグループは
"医薬品を中核として人々の健康で豊かな生活に貢献する"
ことをめざす健康関連企業群です。


2015年6月に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2015」において、ジェネリック医薬品の新たな数量シェア目標として「2017年央に70%以上とするとともに、2018年度から2020年度末までの間のなるべく早い時期に80%以上とする」ことが示されました。これを受け、2016年4月の診療報酬改定では、外来後発医薬品使用体制加算の新設や、一般名処方加算の見直しなどのジェネリック医薬品のさらなる使用促進策が盛り込まれましたが、その一方で、新規でジェネリック医薬品が収載される際の薬価引き下げや、長期収載品(特許が切れた新薬)の薬価を特例的に引き下げる基準の見直しなど、薬価低減に向けた施策も含まれており、各製薬メーカーには、来るべきジェネリック医薬品数量シェア80%時代に向けた事業戦略の見直しや今後一層の経営の効率化が求められています。

そのような環境の中、当社は2000年より独自の成長戦略として「ジェネリック医薬品事業」、「ウラリットを核にした高尿酸血症領域」、「自社開発創薬」から成る「3つのミッション」を掲げ、足元で拡大するジェネリック医薬品市場への対応を行いながら、その先の継続的な成長を見据えた事業の布石を着実に打ってきました。その結果、競争優位性を持つジェネリック医
薬品の開発体制が整うとともに、新薬の探索研究でも楽しみなテーマが増え、それぞれに進展が見られるなど、これら3つのミッションに着実な手ごたえを得ております。さらに、それらの成果をより大きなものとするための海外展開も、「3つのミッション」に続く「Plus1」の取り組みとして着実に進めております。

日本経済や医薬品産業を取り巻く環境が日々刻々と変化する中で、患者さんの負担軽減や国の医療費削減のために、当社グループは引き続きジェネリック医薬品事業を中心に、かねてより掲げております当社グループの成長戦略「3つのミッション」の実現に向けて全社を挙げて取り組み、社会への貢献と社業の発展を目指していく所存です。これからも皆さまの変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。


2016年6月
代表取締役社長
代表執行役員社長
山口 一城

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない場合は、上のアイコンをクリックし、アドビシステムズ社のダウンロードページよりインストールしてください。

健康が気になる皆さまへ
ヘルスケア商品のご案内
四季のヘルシーフーズ
食事療法レシピ集
気になる生活習慣病
健康生活のススメ
貼付剤を貼るときにお困りの方へ
医療関係者の皆さまへ
製品情報
Chemiphar Oncology
メディカルトピックス
ジェネリック医薬品FAQ
研究会・セミナー情報
臨床検査薬事業
安定供給体制等に関する情報
トピックス一覧
会員コンテンツのご紹介
会員ログイン
メールでの情報提供について
株主・投資家の皆さまへ
ニュースリリース
企業情報・経営方針
業績・財務情報
IRライブラリー
株式情報
IRカレンダー
電子公告
企業情報
企業理念 / ごあいさつ
会社概要
役員紹介
企業沿革
事業概要
研究開発
事業所一覧
CSR
日本ケミファはやわかり
テレビCM
企業活動と医療機関等の関係の透明性への取り組み
採用案内
新卒採用
キャリア採用
障がい者採用
採用案内FAQ
採用担当者からのご挨拶
MR認定試験合格体験記
先輩社員からのメッセージ
部門紹介